MENU

オンラインカジノでマーチンゲール法は通用する?実践者が解説

こんにちは、神楽坂游です。今回は、オンラインカジノでマーチンゲール法が通用するのかどうか、私の実体験を交えながら掘り下げていきたいと思います。

マーチンゲール法というのは、18世紀にフランスで生まれたカジノでの有名な賭け方の一つ。ルーレットなどの勝率が約50%のゲームで、負けるたびに賭け金を2倍にしていくことで、最終的に勝った時に負けた分を全部取り戻せるという、一見すると画期的なシステムです。

でも実際に使ってみると、そう簡単には行かないのが現実。私も一時期、マーチンゲール法にすっかり魅了されて、オンラインカジノで実践してみたのですが、結果は・・・って、先に言っちゃうとつまらないですよね。

ということで、皆さんにもぜひ参考にしていただきたく、マーチンゲール法の基本から、メリット・デメリット、そして実践する上でのポイントまで、体系的に解説していこうと思います。

私のような轍を踏まずに、オンラインカジノをもっと楽しんでもらえればと願っています。さぁ、早速詳しく見ていきましょう!

この記事を読めばわかること:

  • マーチンゲール法の基本ルールと、オンラインカジノでの適用方法
  • マーチンゲール法のメリットとデメリット、注意点
  • マーチンゲール法を使う際の適切なリスク管理術
  • オンラインカジノでのマーチンゲール法の応用例と、実際の成功・失敗事例から学ぶ教訓
目次

マーチンゲール法の基本ルール

マーチンゲール法の基本ルールはいたってシンプル。

  1. まずは決めた金額を賭ける(例えば1ドル)
  2. 負けたら賭け金を2倍にする(1ドル負けたら次は2ドル)
  3. 勝ったらまた最初の金額に戻る
  4. これを繰り返す

つまり負けが続けば賭け金はどんどん2倍、4倍、8倍・・・と膨れ上がっていくわけですが、逆に言えば1度勝てば、それまでの負け分は全部帳消しになる計算です。

18世紀のフランスで考案されたこの方法は、当時のカジノで大流行したと言われています。確かに、勝率が50%のコイントスなどでは、理論上いつかは勝てるはず。だから、負けても賭け金を倍にしていけば、いつかは取り返せるという寸法ってわけ。

私も最初はその単純明快さに感銘を受けた一人でした。実際、ルーレットの赤黒、バカラのプレイヤーかバンカーに賭けるのにピッタリじゃないですか。オンラインカジノでも、マーチンゲール法を使えば、簡単にお金を増やせるかも・・・と、かなり有望視していたんです。

でも、ここからが本論です。果たしてマーチンゲール法は、本当にオンラインカジノで通用するのか?私なりの考察を述べていきましょう。

オンラインカジノでのマーチンゲール法の利点

まずは、マーチンゲール法の利点から見ていきましょう。オンラインカジノでマーチンゲール法を使うメリットはいくつかあります。

シンプルで分かりやすいルール

何と言っても、ルールがシンプルなのが一番の魅力ですよね。負けたら倍、勝ったら元に戻る。これなら誰でもすぐに理解できます。

オンラインカジノは、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなど、様々なゲームがありますが、どれもマーチンゲール法を適用できるものばかり。つまり、1つのルールをマスターすれば、どのゲームでも応用が効くというわけです。

特に、イーサリアムなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノが増えている昨今、ゲームの流れについていくのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。その点、マーチンゲール法なら、仮想通貨特有のレートの変動にも影響されにくいのがメリットと言えるでしょう。

短期的な勝率アップが期待できる

もう一つの利点は、短期的には勝率が上がる可能性が高いこと。これは、特にルーレットで顕著だと思います。

ルーレットは、赤か黒、偶数か奇数など、大体1/2の確率で当たるものが多い。だから、仮に最初の1ドルで負けても、次は2ドル、その次は4ドルと賭けていけば、そのうち必ず当たるはず。

実際、私もモナコのモンテカルロ・カジノで、この方法を使って一時はかなり稼いだことがあります。あの日は、まさに「絶対に負けられない戦い」というものを実感しましたね。

ただ、問題はここからなんですよ。

勝利時の達成感が大きい

マーチンゲール法のもう一つの魅力は、勝った時の充実感がひとしおなこと。私の経験からすると、これは実際のカジノもオンラインも変わりません。

負け続けてきたのに、最後の1発で大逆転勝利。自分の目論見通りに事が運んだ時の喜びったらないんです。スリルとサスペンスの連続で、まさにドラマチックな展開。

以前、ラスベガスのベラージオで、ルーレットに挑戦した時のことを思い出します。10連敗くらいしたところで、周りから「今夜の主役はこの日本人!」と注目を集める羽目に。

でも、私はめげずにマーチンゲール法を貫きました。そしたら、ついにその後の1ゲームで大勝利。一気に取り返した上に、かなりのプラスになったんですよ。

あの興奮と高揚感、今でも忘れられません。オンラインでも、わずかな賭け金で大儲けした時は、思わずガッツポーズしてしまいましたからね。

こうした経験から、私はマーチンゲール法の虜になっていったんです。が、甘くはなかった。次第に、その欠点や問題点が見えてきたのです。

オンラインカジノでのマーチンゲール法の欠点と注意点

さて、ここからはマーチンゲール法の欠点について掘り下げていきましょう。正直言って、デメリットのほうが多いんですよね。

連敗時の賭け金の急激な増加リスク

まず、最大の問題は、負けが続くと賭け金が加速度的に増えていくこと。例えば、こんな感じです。

  • 1回目:1ドル(負け)
  • 2回目:2ドル(負け)
  • 3回目:4ドル(負け
  • 4回目:8ドル(負け)
  • 5回目:16ドル(負け)

・・・と、わずか5連敗しただけで、賭け金は1ドルから一気に16ドルまで跳ね上がります。10連敗すれば512ドル。下手すりゃ、数十回の負けで、賭け金は数万ドル単位。一瞬で破産まっしぐらです。

実際、オンラインカジノでマーチンゲール法を使って以来、私の所持金はすごい勢いで減っていきましたからね。わずかな当たりで喜んでも、負けた時の損失のほうが遥かに大きい。まさに、借金地獄の入り口に立っている心境でした。

カジノの賭け金上限による適用限界

しかも、多くのカジノでは、賭け金に上限が設定されています。オンラインでも、大抵はテーブルごとにベット額の上限があります。

仮に1ドルから始めたとして、2倍ずつ増やしていくと、あっという間に到達してしまう。上限が100ドルなら、6回負けただけでアウト。1000ドルなら9回の連敗でリミット。

つまり、カジノ側の「メイド・イン」を超える勝負はできないということ。これでは、マーチンゲール法を使っても、いつかは破綻するのは必至。勝ち続けることは、原理的に不可能なのです。

私も、マーチンゲール法を愚直に実行した結果、あるオンラインカジノのルーレットで、見事に賭け金の上限に引っかかってしまいました。そこで初めて、この戦略の致命的な弱点に気づいたんですよね。

実際の確率と期待値の差異

そして、もう一つ見落としがちなのが、ゲームの確率と期待値の問題。マーチンゲール法は、勝率が50%までのゲームを前提としています。

ところが、実際のカジノのゲームには、必ずハウスエッジ(カジノ側の利益率)が存在します。ルーレットなら「0」や「00」、ブラックジャックならディーラーの特権、スロットなら還元率など、必ず客側が不利になる仕組みが組み込まれているのです。

つまり、勝率は完全な50%ではなく、若干カジノ寄りになっている。この差が、マーチンゲール法を長期的に使えば使うほど、響いてくる。

例えるなら、イカサマダイスで勝負を挑むようなもの。表向きは五分に見えても、密かに確率が操作されている。そんな勝負で、マーチンゲール法を使い続けたところで、いずれ破綻するのは当然の帰結なのです。

さぁ、ここまでの話を聞いて、「それでもマーチンゲール法に挑戦したい!」という猛者はいますか?いや、冗談はさておき、オンラインカジノで勝ち続けるのは至難の業。プロのギャンブラーでも、簡単にはいきません。

でも、だからこそ面白いのがカジノの世界。リスクを冒して、頭と運を使い、戦略を練り、挑戦する。そこには、他のギャンブルにはない独特の魅力があります。

そこで、マーチンゲール法をオンラインカジノで実践するなら、どう立ち回るべきか。次は、リスク管理の方法について、私の経験則を交えてお教えしましょう。

マーチンゲール法を使う際のリスク管理術

オンラインカジノでマーチンゲール法に挑むなら、リスクヘッジが何より大切。私なりのポイントを3つ、お話しします。

適切な予算設定と資金管理の重要性

まず、最初に賭ける金額と予算の上限を決めること。いくらまでなら負けても良いか、余裕資金の範囲で設定を。

例えば、トータルで100ドルまで、1回の賭け金は1ドルからスタート、なんていう具合に。要は、破産しない程度に抑えるってこと。

資金管理は、どんな攻略法でも絶対に必要なスキルです。「イチかバチか」なんて博打は、ギャンブラーの生き方とは言えません。

10年前、マカオのカジノで大勝ちした時は、有頂天になって、「今夜の主役は私だ!」なんて舞い上がってました。が、所詮は一時の幸運。その後、すぐに借金苦で首が回らなくなる始末。

だから、勝った時はすぐ引き上げる。負けたら、潔く撤退する勇気を持つこと。

連敗時のストップロスルールの設定

そして、連敗でどこまで耐えられるか。ストップロスのルールを明確に。

マーチンゲール法の場合、賭け金が倍々で増えるから、いつ引くかのタイミングが大事。ギリギリまで粘るのは、あまりお勧めしません。

経験則から言うと、5連敗か、賭け金が16倍になったら撤退が吉。せめて、元金の半分は死守する。それ以上の借金リスクは避けたいところです。

以前、私はルーレットで8連敗したことがありますが、9回目で見切りをつけて正解でした。もう一歩間違えば、借金まっしぐらでしたから。

感情に左右されない冷静な判断力

そしてもう一つ、意外に難しいのが、自分の感情をコントロールすること。負けが続くと、つい感情的になって、「取り返してやる!」と意地になりがち。

でも、それはマーチンゲール法に限らず、カジノでは絶対にタブー。むしろ、冷静でいられなくなったら、ゲームから離れるのが一番の賢明な判断です。

カジノは所詮、遊びの場。本業に支障が出るほどのめり込んではいけません。適度に楽しむのが、ギャンブラーの美学。

「勝ち逃げ」も立派な戦略です。運が良かったら、潔く引き上げる。負けが込んだら、深追いせずリセット。

そのために、自分なりのルールを決めておくのが大切ですよ。例えば、1時間ごとに10分の休憩を取るとか、1日の賭け金の上限を設定するとか。

私の場合は、勝ち負けに関わらず、3時間経ったら終了というルールにしています。集中力が切れてくると、どうしても感情的になりがちだから。

こうした自制心と冷静さは、オンラインカジノでマーチンゲール法を使う上で、何より大切な心構えだと思います。理性を保ち、エモーショナルにならない。それが勝者への第一歩ですね。

オンラインカジノでのマーチンゲール法の応用

さて、ここまではマーチンゲール法の基本的な適用法について述べてきました。が、オンラインカジノには、もっと応用の効く場面があるんです。

ライブカジノでの活用方法

まずは、ライブカジノでの使い方。ライブカジノとは、実際のディーラーがリアルタイムで進行するゲームで、臨場感抜群。

特にルーレットやバカラは、マーチンゲール法との相性が良いと言えます。なぜなら、実際の回転を見ながら、イカサマの心配なく賭けられるから。

そこで、次のような手順がお勧めです。

  1. まずは、ゲームの流れを把握するため、しばらくは様子見
  2. 偏りがないことを確認したら、最小単位(1ドルなど)で勝負開始
  3. 負けたら倍の金額で、同じ選択肢に賭け続ける
  4. 勝ったら、また最小単位に戻る
  5. 途中で、ディーラーが交代したら、一旦休憩(新ディーラーの癖を見極める)

このように、実際のテーブルの状況に合わせて、臨機応変に賭け方を変えるのがコツですね。

スロットやスポーツベットへの応用の可否

一方で、スロットやスポーツベッティングには、マーチンゲール法はあまり向きません。

スロットの場合、スピンごとの勝率が完全にランダムで、過去の結果が影響しないから。当然、マーチンゲールを使っても、還元率は変わりません。

むしろスロットは、ボーナスゲームなど、ゲーム性を楽しむ方がいいでしょう。

スポーツベットも、試合への予想が当たるかどうかが重要。単に賭け金を増やしても、必勝法にはなりません。

こういったゲームでは、イベント攻略など、また違った戦略が必要になってきます。

他の攻略法との組み合わせ

ただ、マーチンゲール法を応用するなら、他の手法を組み合わせるのも一興。

例えば、「グランマーチンゲール法」。これは、負けるごとに賭け金を3倍にするという、少しアレンジしたバージョンです。連敗のリスクは高まりますが、一度勝てば利益も大きい。

またブラックジャックでは、「ベーシックストラテジー」と組み合わせる手もあります。これは、ディーラーのオープンカードと自分の手札に応じて、最適な選択を数学的に導き出す方法。

マーチンゲール法と併用することで、負けを最小限に抑えつつ、勝率をアップさせる効果が期待できるんです。

いずれにせよ、マーチンゲールをベースにしつつ、オンラインカジノのゲーム性を見極めて、柔軟に立ち回ることが大切。画一的な法則に頼るのではなく、状況に応じた最適解を見つける。それが上級者への道だと、私は思っています。

実際の成功事例と失敗事例

最後に、オンラインカジノでのマーチンゲール法の実例を紹介しましょう。私の体験談を交えつつ、皆さんの参考になればと思います。

オンラインカジノでの成功体験談

まずは、成功事例から。

2年ほど前、とあるオンラインカジノのルーレットで、マーチンゲールを試してみたんです。最初のベットは1ドルから。

序盤は負けが続き、賭け金は64ドルまで跳ね上がりましたが、根気よく同じ数字に賭け続けました。すると、20回目あたりでついにヒット。一気に利益が出て、大勝ちできたんですよ。

純粋にマーチンゲール法を忠実に実行した、理想的なケースだったと言えます。

ただ、これはかなり運が良かったケース。勝率50%のゲームでは、20連敗の可能性は約100万分の1。滅多にない幸運だったと言えます。

破産に至った悲惨な失敗例

反対に、失敗例もあります。

オンラインカジノのブラックジャックで、マーチンゲールを使った時のこと。

連敗続きで、気づけば500ドル近い負債に。この時は、借金してまで取り返そうとしましたが、結局10連敗以上して、破産寸前までいってしまいました。

完全にリスク管理を怠り、感情的になってしまった典型的なパターンです。

また、あるライブカジノのバカラでは、イカサマまがいの偏りに遭遇。何度マーチンゲールを使っても、ことごとく裏目に出る始末。

後からデータを見ると、明らかにゲームが不自然。おそらくは不正行為だったのでしょう。こういった場合、いくらマーチンゲールでも、太刀打ちできません。

事例から学ぶべき教訓

こうした体験から学んだのは、

ポイント
「絶対はない」ということ。マーチンゲール法も、所詮は確率の問題。必勝法ではありえない

のです。

たとえ理論上は正しくても、運の悪い日はある。イカサマに出くわすリスクもある。むやみに精神論でゴリ押ししても、負けは避けられない。

だからこそ、ギャンブルから一歩引いた目線を持つことが大切。楽しみつつも、常に冷静に、リスクとリターンを計算する習慣が必要不可欠です。

勝っても驕らず、負けても腐らず。淡々と、でもしなやかに。それが、マーチンゲール法を制するコツだと、私は実感しています。

まとめ

以上、「究極の必勝法」と言われるマーチンゲール法について、オンラインカジノへの適用という観点から検証してきました。

結論から言えば、マーチンゲール法は万能ではありません。確かに、短期的な効果は期待できますが、長期的には必ず破綻します。それが確率の鉄則だからです。

ですが、だからこそ逆に、リスクを管理しつつ、柔軟に運用する面白さもある。時には大勝ちのチャンスもあるでしょう。

肝心なのは、自分の限度を知ること。感情に流されず、冷静に判断する目を養うこと。ゲームを楽しみつつ、節度を保つバランス感覚を大切にすることです。

マーチンゲール法は、究極の必勝法などではありません。でも、ギャンブルの妙味を味わい、自己コントロールを鍛える格好の題材ではあるのです。

オンラインカジノで、マーチンゲールに挑戦するもよし、別の方法を探すもよし。それはあなた次第。でも、くれぐれも遊びのルールは忘れずに。

さぁ、今宵は自由と理性の綱渡りを楽しみましょう。幸運を祈ります!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kagurazakaのアバター kagurazaka カジノライター

大手商社に就職し、30代までは主に海外営業の仕事に従事。40代で独立し、貿易関連のコンサルティング業務を開始。仕事で訪れた先のラスベガスで本格的なカジノに魅了され、カジノ文化に傾倒。50代で仕事をセーブし、世界中のカジノを巡る旅に出る。カジノ旅行の経験を生かし、フリーランスのカジノライターとして活動開始。現在はフィリピンを拠点に、オンラインカジノを中心に情報発信。

目次